1. 他と紛れないための心覚えや、他人に合図するために、形や色などで表したもの。目じるし。「非常口の―」「持ち物に―をつける」

  1. 抽象的なものを表すための具体的な形。

    1. ㋐ある概念を象徴するもの。「平和の―の鳩」「純潔の―の白い衣装」

    2. ㋑(証)ある事実を証明するもの。証拠になるもの。「見学した―にスタンプを押す」

    3. ㋒(証)気持ちを形に表したもの。「感謝の―に記念品を贈る」「お近付きの―におひとついかがですか」

  1. 所属・家柄などを表すもの。記章・旗・紋所など。「会員の―」

  1. (「璽」とも書く)

    1. ㋐官印。印綬。押し手。

      「未だ―及び公財を動かさしめず」〈今昔・一〇・三〉

    2. ㋑三種の神器の一である、八尺瓊勾玉 (やさかにのまがたま) 。神璽 (しんじ) 。

      「今天皇のみ―を上 (たてまつ) るべし」〈允恭紀〉

  1. 結納 (ゆいのう) 。

    1. 「―を厚く調へて送り納 (い) れ、良き日をとりて婚儀 (ことぶき) を催しけり」〈読・雨月・吉備津の釜〉