• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

危急存亡の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

危険が切迫して存続するか滅びるか、生き残れるか死ぬかの瀬戸際のこと。▽「危急」は危険が迫ること。「存亡」は存続するか滅びるか、また、生きるか死ぬかの意。一般に「危急存亡の秋とき」と用いることが多い。秋は万物が実る季節であることから、大切な時の意。この熟語は個人よりも組織や集団の重大な局面についていうことが多い。
出典
諸葛亮しょかつりょう「前出師表ぜんすいしのひょう
句例
危急存亡の瀬戸際
用例
冗談言うときでなか、今や危急存亡の秋ときたい、<尾崎士郎・人生劇場>
類語
生死存亡せいしそんぼう

危急存亡の解説 - 学研 四字熟語辞典

危険が差し迫っていて、生き残れるか滅びるかの瀬戸際のこと。
注記
「危急」は、危険な状態が迫ること。「存亡」は、生き残るか滅びるかということ。出典の「今いま天下てんか三分さんぶんし、益州えきしゅう罷弊ひへいす。此れ誠まことに危急存亡ききゅうそんぼうの秋ときなり」による。「秋」は、重大な時期の意。
出典
諸葛亮しょかつりょう「前出師表ぜんすいしのひょう

[さまざまな状態を表す/危険/危険・緊迫した状態]カテゴリの四字熟語

キーワード[危急・危険/安全]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。