• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 大納言中納言・三位以上および四位の参議の人。きょう。

  1. 中国代、天子や諸侯の臣下で最上位の身分。

[代]二人称の人代名詞。
  1. 男子が同輩などを、軽い敬意をこめて呼ぶ語。

    1. 「余は―を一廉 (ひとかど) の店の主人にもなさばやと思い居たれど」〈蘆花自然と人生

  1. 君主が親しみを込めて臣下に呼びかける語。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉