• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. 厄払 (やくはら) い1」に同じ。

  1. 厄年を迎える人が、大みそかや節分の夜に、自分の年の数だけ包んだ銭や豆、または、ふんどしを道に捨てるなどの風習。

    1. 「さる大名の御―の金子四百三十両拾ひしより」〈浮・永代蔵・五〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉