• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. わざわい。災難。「厄にあう」「厄を払う」

  1. 厄年 (やくどし) 」の略。「厄が明ける」

  1. 《一生に一度はこうむる大きな災難である意から》疱瘡 (ほうそう) のこと。

    1. 「お孫さまがお―を遊ばしたさうでございますね」〈滑・浮世風呂・三〉