• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

源氏物語の注釈書。2巻。源光行親行の共著「水原抄」に、親行の子の義行、孫の行阿が代々加筆し、貞治3年(1364)に成立。題は「水原抄」の中の最も秘たる部分の抄録に解説を加えた秘伝の書の意。光行に始まる河内方 (かわちがた) の学説を知る上で貴重な資料。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉