• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

厭離穢土の解説 - 学研 四字熟語辞典

⇒ おんりえど(厭離穢土)
仏教のことばで、この世を穢けがれたものであるとして、嫌い離れること。
注記
「厭離」は、嫌い離れること。「おんり」は、慣用読みで、本来は「えんり」と読む。「穢土」は、穢れているこの世。
対義語
欣求浄土ごんぐじょうど

厭離穢土の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。煩悩 (ぼんのう) にけがれた現世を嫌い離れること。おんりえど。→欣求浄土 (ごんぐじょうど) 

⇒えんりえど(厭離穢土)

キーワード[悟り]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。