• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 連歌・俳諧のきまりの一。変化を求めるために、同季・同字・類似語・縁語などを続けたり、近くに詠みこんだりしないこと。→差し合い

  1. 好き嫌い。えりごのみ。

    1. 「―がある食物をお気をつけられい」〈滑・浮世風呂・前〉