• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の俳論書。3冊(版本)。向井去来著。元禄15年(1702)ごろから宝永元年(1704)にかけて成立。安永4年(1775)刊。芭蕉および門人の俳論を集成したもの。さびしおり不易流行など、蕉風俳諧の本質に触れたものが多い。