[名](スル)
  1. 事業・計画などにかかわること。また、その相談を受けること。「開発計画に参与する」

    1. 「人民が自家の権利を自覚して自ら国政に―しようというので」〈魯庵社会百面相

  1. 学識経験者を行政事務に参加させる際の職名。「内閣参与」

  1. 慶応3年12月9日(1868年1月3日)、王政復古の大号令発布の際に置かれた官職。総裁議定 (ぎじょう) とともに三職の一。明治2年(1869)廃止。

出典:青空文庫

出典:gooニュース