• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

染め物の手法の一。糊置 (のりお) き防染法の染めで、人物・花鳥などの華麗な絵模様を特色とする。近世初期から発達し、元禄期(1688~1704)の京都の絵師宮崎友禅斎が描いた文様が人気を博し、その名から友禅染といわれるようになった。京友禅加賀友禅とがある。本来はすべて手描 (てが) きであるが、明治以降型紙を用いた型友禅ができ、量産されるようになった。