• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ほぼ同時、または短期間に連続して発生する大規模な地震。最初の地震によって周辺の断層に負荷が加わり、新たに誘発される地震を指す。双発地震。→三連動地震

[補説]余震の場合は、通常、最も規模の大きいもの(最大余震)でも、本震より規模がマグニチュード1程度小さくなるが、双子地震の場合、二つの地震の規模にほとんど差がなく、後の地震の方が大きい場合もある。2004年12月と2005年3月に隣接する異なる断層を震源として発生したスマトラ沖地震(それぞれM9.0とM8.7)、嘉永7年(1854)11月の安政東南海地震(M8.4)とその32時間後に発生した安政南海地震(M8.4)などがこれにあたると考えられている。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉