• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

双子座α (アルファ) 星カストル)付近を輻射点とする流星群。12月5日頃から12月20日頃にかけて見られ、12月14日前後に出現のピーク(極大)となる。母天体は長い間わからなかったが、1983年に赤外線天文衛星IRAS (アイラス) により発見された小惑星ファエトンの軌道と一致することがわかった。四分儀座流星群ペルセウス座流星群とともに三大流星群の一つとして知られる。双子座α流星群。