• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 寺院で法会に打ち鳴らす金属製の盤。

  1. 歌舞伎下座音楽に使われる楽器で、大形の当たり鉦 (がね) に似たものを枠にかけ、撞木 (しゅもく) で打つもの。寺院やその付近の場面などに用いる。

  1. 建築で、礎盤 (そばん) のこと。