• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

反哺之羞の解説 - 学研 四字辞典熟語

親の恩に報いて、食べさせる食べ物。親孝行のたとえ。
注記
「哺」は、口の中の食べ物。「反哺」は、餌えさを口移しに与える。「羞」は、食べ物をすすめること。カラスは成長すると、幼いころ親が口移しで餌を与えてくれた恩に報いるため、親鳥に餌を運んで、口移しで親を養うということから。
類語
三枝之礼さんしのれい 慈烏反哺じうはんぽ

キーワード[親孝行]の四字熟語

キーワード[食事]の四字熟語