• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

反芻類のもつ胃。ふつう四つの室に分かれ、飲み込んだ食物を第1胃(こぶ胃)・第2胃(蜂の巣胃)に一時蓄えて共生微生物によるセルロース分解がなされ、再び口に戻してからかみ下すと第3胃(重弁胃)・第4胃(皺胃 (しわい) )に入って消化がなされる。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉