• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一定の土地からの収穫量は、資本・労働の投入量の増大に応じてある点までは増加するが、その点を超えるとしだいに減少するという法則。