• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. ほかのことはさしおいて、まず第一に。なにはさておき。「―母に合格を知らせる」「―お礼まで」

  1. 何する間もなく。すぐに。「―応急処置をして、病院へ運ぶ」

[補説]「取り敢えずの」の形で、名詞を修飾することがある。「粘土を練って―の形にする」