1. 鎧 (よろい) の袖についていて、鎧を肩上 (わたがみ) の手先の茱萸 (ぐみ) (管状の金具)につなぐ緒。

  1. 矢の箙 (えびら) 靫 (うつぼ) などにつけて、掛緒 (かけお) と合わせて結ぶ緒。