1. 《前任者から引き継ぎを受けて事務を執る意》平安中期以降、実際に任国に赴任して政務を執った国司の最上席の者。通例は守 (かみ) 権守 (ごんのかみ) 。時には、介 (すけ) をもいう。じゅりょう。ずろう。→遥任 (ようにん) 

  1. 院宮公卿に与えられた国司の推挙権。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース