[名](スル)
  1. 意見などを口頭で述べること。

  1. 罪人の口から罪状を述べること。また、その筆記録。口書き。

    1. 「町奉行の白洲で、表向きの―を聞いたり」〈鴎外高瀬舟

  1. 裁判官の問いに対して被告人・証人などが行う供述。「口供書」

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:青空文庫