[名](スル)
  1. 中に立って両者の間を取り持つこと。また、奉公口や縁談などの世話をすること。また、その人。

  1. 横合いから口出しをすること。

    1. 「いささか―を申したりけるを、俊頼腹だたしき気色にて」〈十訓抄・一〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫