• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏・菩薩 (ぼさつ) の名を口に出してとなえること。

「南無阿弥陀仏と、くも―遥かに声うちあげたれば」〈栄花・峰の月〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉