• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、金納の貢租に付加された税。本租100文に対して3文を定率とし、銀で納めるものを口銀 (くちぎん) 、銭で納めるものを口銭 (くちせん) といった。→口米 (くちまい)