《古くは「くちくせ」とも》癖のようにいつも言うこと。また、その言葉。

出典:青空文庫