[名](スル)他人のものの言い方や声音 (こわね) をまねること。

狂言。酒の客をあしらうため、自分のまねをするように主人に言われた太郎冠者が、必要以上に主人のまねをする。

出典:青空文庫