• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世、年貢米の減損を補うため、あらかじめ多少の米やもみを、本租のほかに付け加えて納めさせたもの。また、その米やもみ。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉