1. くどくこと。また、その言葉。「口説きじょうず」「口説きに掛かる」

  1. 日本音楽で、楽曲の構成単位の一。

    1. ㋐平曲で、素声 (しらごえ) に近い単純な旋律をもつ曲節。また、それによって演奏される部分。

    2. ㋑謡曲で、慕情・傷心などの心情を吐露する、拍子に合わない語りの部分。

    3. ㋒浄瑠璃で、恋慕・悲嘆・恨みなどを切々と訴える部分。一段中の聞きどころとなる。

    4. ㋓長唄で、詠嘆的な心情表現をする部分。

  1. 口説き歌が江戸時代に沖縄に伝わったもの。多く踊りを伴う。くどぅち。

  1. 口説き歌」「口説き節」「口説き模様」の略。

出典:gooニュース

出典:青空文庫