• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

訴訟審理において、当事者および裁判所訴訟行為、特に弁論と証拠調べを口頭でしなければならないとする主義。→書面審理主義