古往今来の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

昔から今に至るまで。昔から。▽「古往」は昔。いにしえ。「今来」は今に至るまで。「今来」は「きんらい」とも読む。また、「今来古往こんらいこおう」ともいう。
出典
『文選もんぜん』潘岳はんがく「西征賦せいせいのふ
用例
実際我々の愛する女性は古往今来飽き飽きするほど、すばらしい心の持ち主である。のみならず彼女の服装とか、あるいは彼女の財産とか、<芥川竜之介・侏儒の言葉>
類語
往古来今おうこらいこん

古往今来の解説 - 学研 四字辞典熟語

昔から今に至るまで、昔からずっとということ。
注記
「古往」は、昔。「今来」は、今に至るまで。「今来」は、「きんらい」とも読む。「今来古往こんらいこおう」ともいい、また、略して「古今ここん」ともいう。
出典
『文選もんぜん』潘岳はんがく「西征賦せいせいのふ
類語
往古来今おうこらいこん

古往今来の解説 - 小学館 大辞泉

[副]昔から今に至るまで。古今。古来。

[人知を越えたものを表す/時間/長い時間]カテゴリの四字熟語

出典:青空文庫

キーワード[常時]の四字熟語

キーワード[時・歳月]の四字熟語