• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

隷書以前の蝌蚪 (かと) 文字(古文)で書かれた尚書(書経)。前漢の景帝のとき、孔子の旧宅の壁の中から発見され、武帝のとき、孔安国が解読したと伝えられるが、現在では偽書といわれている。→今文 (きんぶん) 尚書

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉