1. 江戸時代以前の文。また、高等学校国語科の古典教材中、江戸時代までの国文の称。

  1. 唐以後、四六駢儷体 (べんれいたい) (四六文)に対して、秦漢以前の経史子家の用いたような散文の文体。

  1. 《「文」は、文字の意》中国、先秦時代に使われていた文字の書体で、大篆 (だいてん) 以外のもの。漢代に通行した隷書を今文 (きんぶん) とよぶのに対していう。→今文 (きんぶん) 

詩文集「古文真宝」の略称。

出典:青空文庫