• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉初期の歌論書。2巻。藤原俊成著。式子 (しきし) 内親王の依頼により、建久8年(1197)に撰進。再撰本は建仁元年(1201)成立。万葉集から千載集までの秀歌を引用し、その歌風の変遷を示して短評を加えたもの。こらいふうたいしょう。