• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古賀精里の解説 - 小学館 大辞泉

[1750~1817]江戸後期の儒学者。肥前の人。名は樸 (すなお) 。字 (あざな) は淳風。陽明学朱子学を学び、藩校を経て昌平坂学問所教授となる。柴野栗山尾藤二洲とともに、寛政の三助と称された。著「四書集釈」「近思録集説」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉