• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

只管打坐の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

余念を交えず、ただひたすら座禅すること。▽仏教、特に禅宗の語。「只管」はひたすら、ただ一筋に一つのことに専念すること。「打坐」は座ること、座禅をすること。「打」は助字。「只」は「祇」とも書く。
出典
『正法眼蔵随聞記しょうぼうげんぞうずいもんき
句例
只管打坐の修行に堪える
用例
山中独居の禅僧が、面壁数年、只管打坐に徹しても、かすみを食って生きられるはずはない。<水上勉・一休>

只管打坐の解説 - 学研 四字辞典熟語

禅宗の用語で、雑念をいっさい捨て去って、ただひたすら座禅を組み、修行すること。ただひとすじに、一つのことに集中すること。
注記
「只管」は、ひたすら。「打座」は、座ること、座禅を組むこと。
表記
「祗管打座」とも書く。
出典
『正法眼蔵随聞記しょうぼうげんぞうずいもんき

只管打坐の解説 - 小学館 大辞泉

ただひたすら座禅すること。特に曹洞宗でいう。

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

キーワード[熱心]の四字熟語