• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明けてしまうのが惜しい夜。

「玉くしげ明けまく惜しき―を衣手離 (か) れてひとりかも寝む」〈・一六九三〉