• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《人間の胴体を台座にたとえて》首が胴を離れること。死んでしまうこと。

「何がさて相違あらば―、御存分になさいませ」〈浄・千本桜