• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

比較的大型の物の重さを量るはかり。量ろうとする物を台の上にのせ、その重量を、てこばねによって目盛りのある棹 (さお) や盤に伝えるようにしたもの。看貫 (かんかん) ばかり。