1. 建物や指物の上方または下方にある平たい横木。禅宗仏堂の柱の頂部、たんすの地板の下などにみられる。

  1. 山王鳥居・稲荷 (いなり) 鳥居などの柱上で島木を受ける円盤状のもの。