• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 台風の中心の、風が弱く、雲が切れた区域。台風眼 (たいふうがん) 。 秋》「梯子 (はしご) あり―の青空へ/三鬼

  1. 激しく動いている物事の中心にあり、それを引き起こす原因となっている人や物。「今大会で台風の目となる選手」

[補説]書名別項。→台風の眼

出典:gooニュース