1. 律令制で、太政官の長官。太政大臣左大臣の次に位し、政務を統理した。右府。右丞相 (うしょうじょう) 。右僕射 (うぼくや) 。みぎのおとど。みぎのおおいもうちぎみ。

  1. 明治初期の太政官制の官名。初め左大臣と並ぶ最高官であったが、のち太政大臣の下に置かれた。明治18年(1885)内閣制度発足で廃止。

出典:青空文庫