• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

司馬遷の解説 - 小学館 大辞泉

[前145ころ~前86ころ]中国、前漢の歴史家。夏陽(陝西 (せんせい) 省)の人。字 (あざな) は子長。武帝の時、太史令となり、暦法の改革に参加。匈奴に降った李陵を弁護したため宮刑に処せられ、のち、父の司馬談の遺志を継いで「史記」を完成させた。太史公。
武田泰淳の評論。昭和18年(1943)刊。の人物像を描く「司馬遷伝」、「史記」独特の歴史・世界観を論じる「『史記』の世界構想」の2部からなる。