• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

合従連衡の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

その時の利害に従って、結びついたり離れたりすること。また、その時勢を察して、巧みにはかりごとをめぐらす政策、特に外交政策のこと。もとは中国戦国時代、蘇秦そしんの合従策と張儀ちょうぎの連衡策のことをいう。▽「従」は縦たての意。「合従」は南北に連なった趙ちょうかんえんせいの六国が、縦の連合をして強国秦しんに対抗する策で、蘇秦が提唱した。「衡」は横の意。「連衡」はこの六か国が秦とおのおの横に同盟を結んで、国を維持しようとした策で、張儀の政策。「従」は「縦」とも書く。
出典
『史記しき』孟子伝もうしでん
句例
合従連衡を繰り返す派閥政治
用例
蘇秦張儀の輩、正に四方に奔走して、あるいはその事を助け、あるいはこれを破り、合縦連衡の戦争に忙わしき世なれば、貴族といえども自みずからその身を安やすんずるを得ず。<福沢諭吉・文明論之概略>
類語
合従連横がっしょうれんおう 従横之言しょうおうのげん 蘇張之弁そちょうのべん
活用形
〈―スル〉

合従連衡の解説 - 学研 四字辞典熟語

その時々の利害に応じて、結びついたり離れたりすること。また、情勢を的確に察知して、巧みに計略をめぐらす政策、特に外交政策のこと。
注記
「従」は、縦。「合従」は、強国の秦しんに対して、南北に連なった楚・韓かん・魏・趙ちょう・斉せい・燕えんの六国が縦の連盟を結んで対抗した政策のことで、蘇秦そしんが提唱した。「衡」は、横。「連衡」は、この六か国が秦と個々に同盟を結ぶという、横(東西)の関係を重視した政策のことで、張儀ちょうぎが提唱した。「合従」は、「合縦」とも書く。出典の「天下てんかまさに合従連衡に務つとめ、攻伐こうばつを以もって賢けんと為す」による。
出典
『史記しき』孟子もうし

合従連衡の解説 - 小学館 大辞泉

《「合従」は、秦に対抗するために他の6国が連合すること、「連衡」は、秦が他の6国とそれぞれ同盟を結ぶこと》合従の策と連衡の策。転じて、その時々の状況に応じていくつかの勢力が結び合うこと。また、そのかけひき。