• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良県吉野郡吉野町にある神社。後醍醐 (ごだいご) 天皇を祭神とし、楠木正成 (くすのきまさしげ) 、宗信 (そうしん) 法印を合祀する。もと金峰山寺 (きんぷせんじ) の僧坊吉水院 (きっすいいん) で、修験道とともに発展したが、明治維新神仏分離により、明治8年(1875)吉水神社と改めた。源義経の潜居、後醍醐天皇の行宮 (あんぐう) として有名。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉