• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 弓術の一派。室町時代末に吉田重賢が起こしたもの。

  1. 鍼術 (しんじゅつ) の一派。室町時代末、出雲大社の神官吉田意休が始めたとされる。

  1. 近世、オランダ流外科術を学んだ吉田自庵を祖とする外科の流派。

  1. 吉田神道 (よしだしんとう) 

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉