東京都文京区本駒込にある曹洞宗の寺。山号は諏訪山。長禄2年(1458)太田道灌江戸城和田倉門内に創建。開山は青巌周陽。天正18年(1590)徳川家康の入城で、神田駿河台に移り、さらに明暦3年(1657)の大火後、現在地に移転。文禄4年(1595)創始の旃檀林(駒沢大学の前身)は江戸時代曹洞禅学の中心。
東京都武蔵野市の東半部の地名。住宅地。明暦の大火後、の門前町の人々が移住して新田を開いた。

出典:青空文庫