• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉良義央の解説 - 小学館 大辞泉

[1641~1703]江戸中期の幕府の高家。通称、上野介 (こうずけのすけ) 。元禄14年(1701)、勅使下向の際、江戸城内で接待役の浅野長矩 (ながのり) に斬りつけられて負傷。長矩は即日切腹、義央はおとがめなく、赤穂義士の討ち入りで殺された。→高家4

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉