• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後藤明生 (めいせい) の小説。信濃追分宿の遊女、吉野大夫の伝承を手掛かりに、大夫の小説を書こうとする作家を描く。昭和56年(1981)刊行。同年、第17回谷崎潤一郎賞受賞。