• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

同化作用の解説 - 学研 四字熟語辞典

生物が、体外から取り入れた物質をその必要な成分に変化させる働きのこと。また、他から得た知識などを自分のものとして身につけること。
用例
色調のみについていえば、赤、黄などいわゆる異化作用の色よりも、緑、青など同化作用の色の方が「いき」であるといい得る。〈九鬼周造・「いき」の構造〉
対義語
異化作用いかさよう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。