同工異曲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

音楽や詩文などで、その技量が同じでも味わいや趣がまちまちであること。転じて、見た目は異なるが、内容は似たり寄ったりであること。▽「工」は巧みさ・技量。「異曲同工いきょくどうこう」ともいう。
出典
韓愈かんゆ「進学解しんがくかい
句例
同工異曲の作品
用例
同工異曲のジッテン・フィルムが映写されている。それを見ながら、今度はウイスキーを飲んでみた。<檀一雄・火宅の人>
類語
大同小異だいどうしょうい

同工異曲の解説 - 学研 四字辞典熟語

音楽や詩文などで、その手法は同じであっても作品が異なるなどのために趣が違って見えること。転じて、見かけは異なっているように見えて、中身はほとんど同じであること。
注記
「工」は、「巧」に同じ。「異曲同工いきょくどうこう」ともいう。
用例
マドロスが兵部の娘につれられたのとは期せずして同工異曲に、お松は、茂太郎を引っぱるようにして自分の船室へ連れて行ってしまいました。〈中里介山・大菩薩峠 白雲の巻〉
類語
大同小異だいどうしょうい

同工異曲の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 韓愈「進学解」から》詩文などを作る技量は同じであるが、趣が異なること。転じて、音楽を演奏する手法は同じであるが、味わいが異なること。異曲同工。

  1. 外見は違っているようだが、内容は同じであること。異曲同工。

キーワード[同じ]の四字熟語

キーワード[似たり寄ったり]の四字熟語

出典:青空文庫